まずは付属品類をチェックする必要があります。当然ですが取扱説明書、保証書、カメラケースや箱などもあれば、買取価格が高くなる可能性があります。探せば見つかるようであればなるべく購入時の状態に近づけることをお勧めします。

カメラ本機のビジュアルも大切です。汚れたままの状態では高額買取は期待できません。汚れているカメラは、買取業者が買取後にクリーニングする必要があるため、査定時にきれいな状態にされていれば、クリーニングの手間が省けるため高い買取価格が期待できます。やはりきれいな状態にしておくことは大切です。もし汚れているようであれば、可能な限り掃除をして美しい外観にすることをお勧めします。

次に使わなくなったらひとまず査定に出してみることです。いったんしまい込んでしまうとなかなか使わなくなってしまいます。使わないうちに価値が下がってしまい、結局早く売りに出しておけば高額買取が期待できたにもかかわらず、しまい込んだためチャンスを失うことは多々あります。

消耗品や付属品も一緒に査定に出すことで査定価格が上がる場合があります。例えば三脚やSDカード、ストラップやフォルダー等、合わせて不要になる付属品があれば一緒に査定してもらうことをお勧めします。