カメラ買い取りサービスについて

カメラ買取の際のアドバイスと注意点について

カメラ売却時の注意点

まずは付属品類をチェックする必要があります。当然ですが取扱説明書、保証書、カメラケースや箱などもあれば、買取価格が高くなる可能性があります。探せば見つかるようであればなるべく購入時の状態に近づけることをお勧めします。

カメラ本機のビジュアルも大切です。汚れたままの状態では高額買取は期待できません。汚れているカメラは、買取業者が買取後にクリーニングする必要があるため、査定時にきれいな状態にされていれば、クリーニングの手間が省けるため高い買取価格が期待できます。やはりきれいな状態にしておくことは大切です。もし汚れているようであれば、可能な限り掃除をして美しい外観にすることをお勧めします。

次に使わなくなったらひとまず査定に出してみることです。いったんしまい込んでしまうとなかなか使わなくなってしまいます。使わないうちに価値が下がってしまい、結局早く売りに出しておけば高額買取が期待できたにもかかわらず、しまい込んだためチャンスを失うことは多々あります。

消耗品や付属品も一緒に査定に出すことで査定価格が上がる場合があります。例えば三脚やSDカード、ストラップやフォルダー等、合わせて不要になる付属品があれば一緒に査定してもらうことをお勧めします。


カメラを高く売るポイント

高いお金をかけて購入したカメラを売却するのであればより高い金額で売りたいと考えるのは自然です。インターネットオークション等を利用して直接取引することで可能かもしれませんが、高額取引だと個人売買では何かと不安です。信頼できる買取業者を利用することで多少買取価格が下がったとしても安心して取引ができます。そこで、高く買い取ってもらえる業者の選び方のポイントについて説明します。

業者の事業形態ですが、一概に言えませんが、ネット販売に特化した業者は店舗運営費用や人件費を抑えられるため、高い買取金額を提示してもらえる傾向があります。一般的に実店舗販売の価格よりもインターネットの販売価格のほうが安いです。また、査定が無料の業者を選ぶことも大切です。売るか売らないか決めていない段階でお金がかかるようではたまりません。

WEBサイトによっては一見よさそうに見える業者であってもステマの可能性があります。インターネットでのカメラやレンズの宅配買取の業界に勤めていた人のWEBサイトで、買取業者の評価が分かるサイトもあります。そういったサイトをチェックして、メリット・デメリットを調べると高額買取をしてもらえる業者が見つけられる可能性が高まります。


カメラ買取サービス

デジタルカメラは人気の高い製品であり、比較的品質も安定しているため、中古品におけるニーズも高い。そのような中古カメラは多くの専門業者が買い取りサービスを行っています。買取サービスは大きく2種類あり、自宅から業者のセンターに発送する発送買取と、業者の店舗に直接持込む店頭買取があります。

店頭買取は、業者店舗の買取カウンター等にカメラを持ち込んで、業者に査定をお願いする形式です。一般的に店頭買い取りであれば即日即金買い取りとなり、お金がすぐに欲しい人は店頭買取がお勧めです。一般的に身分証明書の提示が求められるため、免許証等の身分証明書を持参してください。また年齢制限によって買取を断られる場合もあります。

一方、発送買取は自宅から売却できる買取サービスです。店頭までもっていくのが煩わしい方や、忙しくて店舗に行けない方に便利なサービスです。

ただし、運送業者に業者への配送を依頼するため、梱包や各種書類の作成同封などの作業が必要になります。買取金は後に銀行振り込み等で支払われます。都合の良いタイミングで業者に発送し、後は査定結果を待つだけです。基本的に査定は無料で実施される場合が多いため、仮に買取価格が低かったとしても、処分する場合よりも安くする場合もあるため、人手間かけて業者に査定を依頼してみることも一考です。

やはり一番気になるのは買取価格です。買取金額の目安として、上限買取価格を買取業者のWEBサイトで調べることもできます。詳しくは買取業者のWEBサイトをご確認ください。